《我是猫》翻译第一章:第2节

第一毛をもって装飾されべきはずの顔がつるつるしてまるで薬缶だ。
首先,那张本该用毛装饰的脸,竟然光溜溜得像个水壶似的。

その後猫にもだいぶ逢ったがこんな片輪には一度も出会した事がない。
后来我也见到过不少的猫,但也没有像他这种残疾不全的。

のみならず顔の真中があまりに突起している。
除此之外,他的脸中央也太过于突起了。

そうしてその穴の中から時々ぷうぷうと煙を吹く。
而且那还有个黑窟窿不时地喷出烟儿来。

どうも咽せぽくて実に弱った。
实在是把我呛得厉害。

語彙:

毛[け]:毛。
名词+をもって:以...,以此...
装飾[そうしょく] :装饰,点缀
べき :应该,理应如此
はず:应该,理应
つるつる:光溜溜,吸食面类食物的声音
まるで :(副) 全然,完全
薬缶[やかん] :水壶,铁壶
だいぶ:(副) 相当,不少
逢う[あう] :遇见,碰上
片輪[かたわ] :残疾不全
のみならず:不但,此外
真中[まなか] :中央,中心
あまりに:太,过于
突起[とっき] :突起,隆起
穴[あな] :窟窿,孔
煙[けむり] :烟,烟状物
咽せる[むせる] :呛,噎
ぽい:表示某种感觉强烈,有某种倾向、容易等的意思。

これが人間の煙草というものである事はようやくこの頃知った。
近些天我才知道这是人在抽烟。

この書生の掌の裏でしばらくはよい心持に坐っておったが、
在这个书生的手掌上安心地坐了片刻,

しばらくすると非常な速力で運転し始めた。
过了一会儿,我就被以非常快的速度转了起来。

書生が動くのか自分だけが動くのか分からないが無暗に眼が廻る。
搞不清楚是书生转的还是我自己转的,只觉得头晕眼花得厉害。

語彙:

煙草[たばこ] :烟,烟草
ようやく:(副) 渐渐,终于
裏[うら]:里儿,背面
しばらく: (副) 片刻,暂时,不久
よい:愉快的,安心的
心持[こころもち]:心情,心境,性格
坐る[すわる]:坐,跪
おる:「いる」的尊大说法,礼貌程度较低

✿ 获取更多,请戳这儿

Comments
Write a Comment